本ページはプロモーションが含まれます

稼ぐ力

【厳しい】40代の転職は地獄と言われる5つの理由&地獄にならない3つの方法(ブログ)

40代 転職 地獄

☑40代の転職は地獄と言われる理由を知りたい

☑40代だけど転職を成功させたい

☑40代転職のNG行為を知りたい

 

ちぴーさん
ちぴーさん
40代の転職は地獄と聞きますが、本当なんでしょうか…?
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
地獄にも、天国にもなりますよ

 

地獄になるかどうかは人によります。

20代でも30代でも地獄の人もいれば、40代で転職成功されている方もたくさんいます。

 

ただし20代と40代とでは、転職市場で求められるスキルがかなりちがうのは確かです。

このような転職市場の事情を知らなければ、地獄行きは避けられないかもしれません。

本記事で情報収集していただければ、40代でも地獄行きを回避できる確率は格段に上がります。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
4回転職経験のある私が、40代でやってみた転職活動の体験談も合わせてお伝えいたします

 

・40代転職が地獄なのは、求人・内定・条件で不利なため

・40代転職で地獄行きになりやすい人は世間知らず

・40代転職が地獄にならないためには、己・企業・市場を知る

・定期的な転職活動で地獄行きが避けられる

・40代転職こそ焦りは禁物

 

↓↓地獄行きにならないように『リクルートエージェント』に相談してみる↓↓

『リクルートエージェント』公式HP

\40代の私もお世話になった転職エージェント/

 

40代の転職は地獄(厳しい)と言われる5つの理由

40代の転職が地獄と言われるのは、20代と比較すると「求人数」「内定率」「条件面」のいずれも悪いことが多いからです。

40代になると、年齢相応のスキルが求められるため、転職はハードルが高くなるのは確かです。

Twitterでも40代の転職については地獄とのツイートも。

 

(1)40代向けの求人は少ない

40代は求人そのものが少ないです。

厚生労働省のデータ(令和2年1月 年齢別労働市場関係指標)がありますが、有効求人倍率が20代前半は2.15倍あるのに対して、40代前半は1.33倍、40代後半にいたっては1.12倍しかありません。

 

有効求人倍率とは?

求職者1人あたり何件の求人があるかを示したものです。

計算式だと、有効求人数÷有効求人登録者数になります。

つまり有効求人倍率が高いほど転職市場で求められているということです。

 

20代~30代前半までであれば、ポテンシャル求人が結構ありますが、40代になると経験者(即戦力)求人だけになり、数が限られてしまいます。

引用:マイナビニュース「転職前に確認!40代の転職事情」

 

(2)40代は採用されづらい

希望の求人があったとしても、40代は20代・30代と比較すると採用されづらい傾向にあります。

なぜなら職務能力が同じであれば、企業側からすればポテンシャルや適応力の観点から40代よりも20代・30代を採用したいからです。

また条件面(特に給与)からも40代よりもは若手を採用するでしょう。

 

引用:マイナビ転職「【2019年版】「40代の転職・再就職」を成功させる秘訣(ひけつ)とは?」

 

(3)40代の転職はマネジメントスキルが問われる

企業側からすれば、30代前半まではプレイヤーとして活躍してもらえばよいですが、40代になるとマネジメントスキルも欲しいところです。

つまり管理職経験、もしくは専門的知識を求める企業が多いのです。

一方、転職者側からすると、40代の転職で狙うべき管理職ポストの求人は、好待遇であることも多く、競争率が高いため、採用されづらい状況と言えます。

 

引用:Career Theory「40代の転職は厳しい?リアルな転職事情や転職成功のコツを徹底解説」

 

↓↓↓とはいえ管理職経験だけがマネジメントスキルじゃない↓↓↓

マネジメント経験 ない
【不安】マネジメント経験なし。管理職経験なくても転職できますか?☑転職したいけどマネジメント経験がない ☑マネジメント経験って管理職しないとダメだと思っている ☑そもそもマネジメント経験ってなんですか?...

 

(4)年収が下がる可能性が高い

最近では「転職で年収を上げよう!」と転職市場は活況ですし、実際に年収アップの転職成功例は増えています。

一方で、40代以降の転職では年収が下がる人の割合が増えていきます。

年収が下がりがちな要因としては以下のケースが多いです。

☑大企業から中小企業へ転職したため

☑役職者が一般社員(もしくは役職ダウン)になったため

☑ベース給与が下がる異業種への転職したため

 

引用:ITmediaビジネスon-line「転職して年収が「上がる」または「下がる」 その差は?」

 

(5)年下が上司になることが多い

40代で再就職すると年下が上司になることが多いです。

これを地獄と考えるのかどうかは個々人の価値観によりますが、一般に年下上司はイヤな人が多いです。

 

 

ちぴーさん
ちぴーさん
やはり40代の転職は地獄なんですね…
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
すべての40代が…ではありませんよ。地獄行きになりやすい人には特徴があります。

 

体験談:【40代転職】地獄行きになりやすい人の特徴

40代転職で地獄行きになりやすい人は、井の中の蛙、世間(転職市場)をよくわかっていないことが多いです。

「自分はイケてるんじゃないか」「40代からはやりたいことをやるんだ」「私にはこれだけの価値があるはずだ」こんな自分の価値観だけで突っ走っている人。

これだけはっきり言い切れるのは、私自身が体験しているからです。(私だけかもしれませんが)

恐縮ですが、私の体験談も交えながらお伝えいたします。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
前職を退職後、すぐに転職活動をしました。個人事業主になるために退職したので、会社に再就職するつもりはなかったのですが、自分の転職市場での価値を知りたくて転職エージェントを利用しました。

(1)自分の経歴・スキルを過信している

私は40代とは言え、自分の経歴やスキルに自信がありました。

転職を4回経験し、年収を上げてきた自負もありました。

しかし…ただただ私が世間知らずなだけでした。

①前職は大企業に勤めていた

プライム企業で従業員1万人規模の名のある大企業勤務でした。

⇒しかしあまり専門性がある職種とは言えず、紹介される求人は少なかったです。

 

②マネジメント経験がある

⇒多少はプラスに働いたと感触はありましたが、希望していない業種ばかり紹介されました。

 

③経営コンサルティング会社勤務の経験がある

⇒15年以上前の話で、エージェント担当者は興味を示しませんでした(価値無し)。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職エージェントの担当者に40代の転職市場の厳しさを教わりました

 

(2)未経験の業種・職種にこだわる

40代は「マネジメントスキル」「専門性」が求められ、基本的には、同業種・同職種への転職が基本です。

しかし私は異業種・異職種を希望していました。

 

小売業:営業職 ⇒ IT業界:マーケティング

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
だいぶ無謀なことを考えていました…

 

(3)希望年収を下げない

それでも希望年収は前職同水準にしてもらいたいです。

うん、ナメていますね(笑)

 

「やりたいことをやらせてください」

「お金もしっかりください」

「でも未経験だから勉強しながら働きます」

こんな40代は地獄行きです、、、。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
Pさん…いつもエラそうに語っていますが、イタですよ。これは。
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
今考えるとなんと恥ずかしい…あなたにはこうなって欲しくないから恥をさらしています

 

【40代転職】地獄にならないようにする3つの方法

40代の転職がそもそも地獄にならないようにするには、己(自分)を知り、相手(応募先企業)を知り、市場(転職市場)を知るしかないです。

前述の私のように独りよがりにならないためには、定期的な転職活動(転職エージェントの客観的意見があればなお良い)をしましょう。

(1)転職軸(自分軸)を明確にする

転職において最も重要なことです。

自分は何がやりたいのか?優先順位はどうなっている?

ここらを明確にしておかないと、何のために転職(そもそも転職しない方がいいかも)するのかわからず、仮に転職しても不幸になる可能性が高いです。

①自分がゆずれない条件が明確になっている

「ワークライフバランスだけはゆずれない(家族と家族のために自身の健康維持のため)」

「IT業界でプログラミングをやりたい(将来はAI分野で一旗揚げたいから)」

「年収1000万円は絶対ほしい(タワマンに住みたいから)」

()内の部分、何のために?が重要です。

 

②自分がゆずれる条件も明確になっている

休日、年収、福利厚生、業種、職種…すべて自分の希望通りだと嬉しいですね。

しかしそんな都合の良い転職はなかなかできません。

「これだけは!」という希望条件は1つか2つ、あとは捨ててもいいと思えるまで自分軸を煮詰めましょう。

 

↓↓↓自分軸の具体的な見つけ方↓↓↓

自分軸 作り方
【転職活動のヒント】自分軸のつくり方5選~答えは過去にしかない~☑転職したいけど、何がしたいのかわからない ☑転職エージェントからの「今後どうしたいですか?」に答えられない ☑キャリア形成したいけど、何をすればいいか正直わからない...

 

(2)経験が活かせる転職先を探す

基本的には同業種同職種、少なくとも業種か職種のいずれかは経験している仕事を選びましょう。

前述しましたが、やはり40代になると経験者(即戦力)採用になります。

「全くの未経験ですが、一生懸命がんばります!」は20代までです。

どうしても異業種・異職種がやりたいのであれば、副業や独立起業をするしかないかもしれません。

 

(3)定期的に転職活動をする

転職活動と聞くと、「転職しなければならない」と考える人が非常に多いです。

しかし転職を前提としない転職活動もあります。

定期的に、たとえば1年に一度、健康診断のように転職活動をすることで常日頃から自分の市場価値がわかるようになります。

ただ多忙なビジネスパーソンは転職活動をゼロから行うのは大変なので、登録無料の転職エージェントを活用すると楽になります。

 

↓↓↓転職しなくても転職活動をした方がいい理由↓↓↓

転職 こわい
【これで解決】30代で転職するのが怖い人が一歩踏み出すためのたった一つの方法☑転職したいけど怖い ☑転職サイトに登録したけど、そこから進まない ☑転職活動って何したらいいかわからない...

 

 『リクルートエージェント』は業界1位の求人数!/

ちぴーさん
ちぴーさん
40代の転職が地獄になるのは、転職市場がよくわかっていないからなんですね
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
会社で日々の業務に追われているから仕方ないです。だからこそ転職のプロであるエージェントを頼った方が賢明ですよ。

 

「転職エージェントはちょっと…」と悩んでいる方は、求人紹介のないキャリアコーチング「【40代向け】オススメのキャリアコーチング5選!」に相談してみるのもオススメです。

 

【40代転職】地獄行きのNG行為(番外編)

さいごに40代転職が地獄行きになってしまう番外編を見ておきましょう。

(1)内定をもらうのが目的になっている

40代での転職は求人数が少なく、かつ採用されづらいのでなかなか内定がもらえません。

結果、焦って希望していない企業に転職してしまう人がいます。

気持ちはわからなくてもないですが、それこそ地獄行きです。

なぜなら納得いっていない転職先で苦しみ、仮に再度短期離職での転職となったら目も当てられません。

 

(2)家族に相談せずに転職する

「家族には内定をもらってから話す…」という方がたまにいます。

仮に転職できても、地獄行きの転職です。

なぜならパートナー(夫や妻)はあなたの最大の味方だからです。

最大の味方を信頼していないような行為はやめておいた方がいいです。

あなたは精神的に孤独になり、再就職できても転職に成功したとは言えない状態になります。

 

(3)転職先が決まる前にやめる

やむを得ないこともありますが、基本的にはやめておいた方がいいです。

転職先が決まる前にやめると3つのリスクがあります。

☑経済的な不安から焦り(転職失敗確率が上がる)

☑ブランクが長くなる(転職に不利)

☑リスク管理ができない人と思われる(転職に不利)

 

ちぴーさん
ちぴーさん
40代だからと言って焦りは禁物ですね
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
40代だからこそです

 

正しい転職活動で地獄行きは回避できる

40代での転職は20代・30代よりも地獄行きの確率は高いです。

しかし正しい転職活動が出来ていれば、転職が地獄どころか天国になります。

正しい転職活動とは、自分軸(やりたいことの優先順位)を理解し、応募先企業のニーズをくみ取り、何より転職市場を知ることです。

40代だからこそ、焦らず、腰を据えて天国行きの転職をしましょう。

 

↓↓地獄行きにならないように『リクルートエージェント』に相談してみる↓↓

『リクルートエージェント』公式HP

\40代の私もお世話になった転職エージェント/

 

・40代転職が地獄なのは、求人・内定・条件で不利なため

・40代転職で地獄行きになりやすい人は世間知らず

・40代転職が地獄にならないためには、己・企業・市場を知る

・定期的な転職活動で地獄行きが避けられる

・40代転職こそ焦りは禁物

 

会社に依存しない力
【40代】会社に依存しない力(転職、副業、独立)を手に入れる6つの方法 ☑一生、今の会社で働き続けると考えるとイヤになってきた ☑会社に頼らず、稼ぐ力を身につけたい ☑今のところ転職予定は...

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

転職・キャリアランキング

あわせて読みたい