本ページはプロモーションが含まれます

退職後

【ハロワで聞いた】求職活動実績はインターネットWeb応募だけ⇒自ら辞退は確認される?

求職活動実績 ネット応募 辞退

☑失業認定日までに求職活動実績が足りない

☑インターネット応募で辞退しても、求職活動実績になるのか不安

時間をかけずにカンタンに求職活動実績を作りたい

 

ちぴーさん
ちぴーさん
明日は失業認定日なのに求職活動実績が足りないよー
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
自宅で、スマホでネット応募すれば間に合いますよ
ちぴーさん
ちぴーさん
でも正直まだ再就職したい会社が決まっていなくて・・・

 

ネット応募しておけば「結果待ち」でも「不採用」でも「辞退」でも…問題なく、求職活動実績になります。

つまりインターネットWeb応募をした時点で求職活動実績になるのです。

 

私は現在、失業中で2回の失業認定日が終わり、1回目の失業給付金が入金したところです。

前回の失業認定日にハローワークで職員に相談した内容を踏まえて、詳細お伝えいたします。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
失業手当(基本手当)をもらうための失業認定日までに「求職活動実績」が2回必要です

 

登録⇒応募で即、求職活動実績に

『リクナビネクスト』公式HP

\登録は5分で完了/

 

 

・まずは転職サイトに登録する

・ネット応募で求職活動実績が作れる

ネット応募して、辞退しても求職活動実績になる

・求職活動実績はいくつかの注意点がある

・1回目は職業相談、2回目はネット応募がベスト

 

Contents
  1. 求職活動実績のためのインターネットWeb応募から辞退のやり方(書き方)
  2. 求職活動実績づくりの注意点
  3. インターネット応募以外の求職活動実績作り
  4. 求職活動実績として認められないもの
  5. 失業保険をもらうためのベストな求職活動実績の作り方
  6. 登録しておきたい転職サイト・転職エージェント
  7. 「求職活動実績」をきっかけに転職活動へ

求職活動実績のためのインターネットWeb応募から辞退のやり方(書き方)

転職サイトに登録し、求人を探して応募し、失業認定申告書に記入するだけです。

「正直、まだ転職するつもりじゃない…」なんてこともあります。

場合によっては辞退をしても問題なく、求職活動実績になりますので安心してください。

それでは自宅で、スマホでも15分間でできるインターネット応募のやり方をみていきましょう。

(1)インターネット応募の具体的な手順

① 転職サイトに登録(登録無料)

② 求人を探して応募

③ 失業認定申告書に記入

④ (場合によっては)応募を辞退する

 

ちぴーさん
ちぴーさん
こんなカンタンに求職活動実績が作れるですか!?
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
はい。カンタンです。仮に応募を辞退したケースもみていきましょう。

 

転職サイトとは?

Web上で掲載された求人を検索できるサービスです。

就職活動の際に、サイトに掲載されている企業情報及び募集要項などを比較することができます。

 

(2)転職サイトに登録

転職サイトへの登録・利用料は無料です。

すぐに求職活動実績が必要であれば、転職エージェントよりも転職サイトをオススメいたします。

なぜなら転職サイトは登録後すぐにネット応募ができるからです。

オススメの転職サイトは『リクナビNEXT』です。

 

『リクナビNEXT』がオススメな理由】

☑掲載求人数が最大級で約60,000件(2022年5月現在)

☑転職者8割以上が登録していると言われている

☑グッドポイント診断ができる(無料の自己分析サービス)

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職サイトに登録しても、もちろん転職しなくても大丈夫です

 

リクナビネクストのグッドポイント診断

リクナビネクスト グッドポイント診断
【活かし方】リクナビネクストのグッドポイント診断で内定率アップにつながる3つの理由☑内定がほしい ☑自分の強みがわからない ☑リクナビネクストのグッドポイント診断を上手く活用したい...

 

(3)求職活動実績のためにWeb応募する

次に応募したい求人探しです。

前職と同じ業種や職種だと志望動機が必要な求人であっても資料作成が楽です。

また一貫性があるので、ハローワークにも話しやすいです。

 

求人によっては履歴書や職務経歴書が必要になりますが、Web上で一旦作成しておけば、次に使い回しができます。

ただし転職サイトに登録しただけでは「求職活動実績」にはならないので、注意してください。

求人に”応募”してようやく実績になります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
これなら失業認定日前日でも対応できますね
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
選考結果待ち状態でも、仮に不採用になっても、あなたが辞退しても、”応募”さえしてしまえば「求職活動実績」になります。

 

(4)失業認定申告書に記入

失業認定申告書の「期間中に休職活動をしましたか。」欄に記入しましょう。

記入内容は以下の6点です。

・応募事業所名:株式会社〇〇(電話番号:××××)

・応募日:応募した日付(失業認定日より前)

・応募方法:転職サイト名(リクナビNEXTなど)

・職種:応募した職種

・応募したきっかけ:インターネット

・応募の結果:「選考結果待ち」か「不採用通知あり」か「辞退」

 

以下、一例です。

失業認定申告書 求職活動実績 リクナビNEXT

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
応募の結果については「選考結果待ち」「不採用」「辞退」のいずれかになります。いずれも求職活動実績になります。

 

(5)求職活動実績のための応募⇒場合によっては辞退

転職サイトを通して応募すると、たいてい数日後に求人企業からメールが届きます。

ちぴーさん
ちぴーさん
正直まだ就職したい会社決まってないです・・・

 

こんな方は辞退することもあると思います。

辞退のやり方としては、企業から届いたメールに対して、以下のように丁寧に端的に返信しましょう。

「メールいただき、ありがとうございます。他社でご縁ございましたので、大変恐縮ですが、今回は辞退いたします。ありがとうございました。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
時間をさいてもらった求人企業には感謝の気持ちを伝えましょう

 

求職活動実績づくりの注意点

求職活動実績づくりにはいくつかの注意点があります。

求職活動実績づくりはウソの報告はもちろん、やり方を誤解していてもハローワークは許してくれません。

不正受給をしてしまったら、罰金もあります。

よくあるケースをみてみましょう。

(1)失業保険の求職活動実績の嘘はバレるのか?▶可能性あり

バレることはあります。

私はされませんでしたが、念入りに求職活動実績を確認をするハローワークがあります。

ハローワークは地域によって見解や基準にちがいがありますので油断はできません。

「ネット応募画面を見せてください」と言われる地域もあるそうです。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職サイトを通して応募していれば履歴が残るから安心ですね

 

嘘の求職活動がバレたらどうなる?

求職活動 嘘 バレる 失業保険
【知恵袋回答者の見解】失業保険をもらうためについた嘘の求職活動がバレたらどうなる?☑失業手当をもらうために嘘をついたらどうなるか知りたい ☑嘘の求職活動がどのようにバレるのか知りたい ☑嘘をつかなくていい求職活動実績の作り方が知りたい...

 

(2)不正受給になることは?▶悪意が無くても可能性あり

悪意があってもなくても、ウソの報告をすると不正受給になります。

明らかな実績作りのための辞退ありきの応募はやめましょう。

「働く意思がある」のが失業手当受給の前提条件ですし、「求職活動実績」は就職活動をしていれば当然発生するもの、ということを忘れないでください。

 

不正受給するとどうなる?

・支給停止:今後の失業給付支給ストップ

・返還命令:不正受給した金額すべて返還

・納付命令:不正受給金額の2倍を納める

俗に言う“3倍返し”をくらいます(-_-メ)

⇒ 期間計に80万円の受給予定なら240万円になることも。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
3倍返しはこわすぎます・・・!
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
悪質な場合は、刑事事件として告発(刑法の詐欺罪)されます

 

(3)失業認定日当日にネット応募したら?▶実績になるのは前日まで

2回の求職活動実績が必要なのは、次回の失業認定日の前日までです。

失業認定日当日にネット応募しても間に合わないです。

仮に求職活動実績が失業認定日当日までに足りない場合は、以下の流れになります。

☑失業認定日にハローワークに行き、”不認定”処理してもらう。

☑次回の認定対象期間を設定され、次の失業認定申告書が渡される。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
失業認定日の前日までになんとかしないと~

 

認定日当日でも求職活動実績が足りない時

求職活動実績 足りない 当日
【失業保険】失業認定日当日だけど求職活動実績が足りない時はどうしたらいいのか?☑今日が失業認定日だけど、求職活動実績が足りない ☑求職活動実績が足りない状態で失業認定日当日はどう過ごせばいい? ☑今日は失業認定日前日だけど、求職活動実績が足りない...

 

(4)ハローワーク紹介の面接を断ったら▶実績にならない

求職活動実績になりません。

ただし地域によってハローワークの認識にちがいがあり、厳重注意で済むこともあるようです。

 

インターネット応募以外の求職活動実績作り

インターネット応募以外でも、ハローワークでの職業相談、セミナーに参加、資格試験の受験、転職エージェントのセミナーなどに参加することでも求職活動実績になります。

ハローワークによって若干認識が異なることがありますが、以下は一般的な内容となります。

求職活動実績にあたるかどうか不明な場合は、ハローワークに問い合わせください。

(1)ハローワークでの職業相談

ハローワークに用事があるのであればとても効率的な方法です。

職業相談の内容はそれほど準備しておかなくても問題ありません。

ただし職業相談のためだけにハローワークに行くのは交通費と移動時間の無駄になります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
「どんな業種を選んだらいいですかね?」とかでも大丈夫でした♪
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
担当者さんによっては、3分程度で切り上げてくれる方もいます

 

(2)資格試験の受験

資格試験を受験も求職活動実績になります。

1回の資格受験が1回分の実績です。

失業認定日に、資格試験の受験を証明する書類の提出が求められます。

注意点は、自分の目指すべき職種や業界と関係ある資格試験でないと再就職に関係性がないと判断され、実績として認められないこともあります。

なお、合否は実績には関係ありません。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
30日間、勉強しました!30実績になりますか!?
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
なりませんね

 

↓↓どんな資格が求職活動実績になる?↓↓

資格 求職活動実績
【失業保険】どんな資格試験でも求職活動実績作りになる?楽に実績つくれる裏ワザも紹介求職活動実績づくりの手段のひとつに資格試験がありますが、再就職に役立つ資格でないと実績として認められません。 その他にもいくつか注意点がありますので事前に確認しておきましょう。 また本記事では楽に求職活動実績がつくれる裏ワザも紹介いたします。...

 

(3)ハローワークでのセミナーに参加

各ハローワークで定期的に、「就職活動の進め方」や「心構え」などについて転職セミナーを開催してくれています。

ただしハローワーク開催のセミナーはオフライン(現地)が多く、オンラインセミナーはほとんどありません。

また2~3時間が一般なので、移動時間含めると結構時間を取られます。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
ボクはきっと眠くなります・・・
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
ちぴーさん・・・!

 

(4)転職エージェントのオンライン転職セミナーなどに参加

転職セミナーはハローワークだけでなく、職業紹介事業者である転職エージェントが開催するものも求職活動実績になります。

転職エージェントも多くのセミナーや転職フェアを開催しています。

転職エージェントへの登録が前提になることがほとんどですが、登録は5分程度です。

 

また転職エージェントの転職セミナーはオンライン開催が多いです。

オンラインであれば自宅で、私服で、短時間で、いつでも、マイペースに参加できるのがうれしいですね。

 

転職セミナーも求職活動実績になる

求職活動実績 オンライン セミナー
【体験談】オンラインセミナー参加ばかりでも求職活動実績になる!申告書の書き方もご紹介☑求職活動実績がほしい ☑オンラインセミナーで求職活動実績を作る方法が知りたい ☑せっかく時間使うなら転職活動を有利に進めたい...

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職エージェントにも登録だ
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職サイトととも、ですね

 

求職活動実績として認められないもの

一方で、インターネットや求人情報雑誌で求人を調べた、企業に電話をしただけ、職業紹介所に登録しただけ、これらは求職活動実績として認められません。

何が求職活動実績になるのか、ならないのかをしっかり認識せずに誤ってやってしまうよくあるケースをみていきましょう。

(1)インターネットで求人検索をしました

インターネットで求人を検索しただけでは求職活動実績にはなりません。

求人企業に”応募”をしてようやく求職活動実績になります。

インターネットの求人検索で終わらないよう”応募”まで行いましょう。

引用:厚生労働省「雇用・労働政策一覧」

 

ネット検索だけではまず求職活動にならない

インターネット検索 求職活動実績 パソコン検索 失業保険
【失業保険】誤解!企業のインターネット検索だけでは95%求職活動実績にならない☑ハローワークで、企業のインターネット検索だけで求職活動実績になると思っている ☑ネットやSNSでのハローワーク対応がちがうので戸惑っている ☑楽に求職活動実績を作る方法が知りたい...

 

(2)求人情報雑誌で求人を調べました

「求人情報雑誌『Works(ワークス)』で求人を調べてきました」これは実績になりません。

あくまで”応募”して実績です。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
調べただけではダメなんですね
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
応募してようやく実績です

 

(3)企業に電話をしてみた

企業に電話をしただけでは、求職活動実績になりません。

あくまで応募したかどうかが求職活動実績のポイントになります。

 

(4)職業紹介所に登録した

登録だけでは実績になりません。

あくまで応募したかどうかが求職活動実績のポイントになります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
調べただけでも実績と思っていました、は通じないんですね
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
本記事でしっかり説明していますので、理解しましょう

 

(5)失業保険をもらうために、求職活動のふりをした

就職活動”したふり”をするのは不正受給に当たります。

しかし就職活動”するふり”は問題ありません。

つまり気持ちは嘘をついても、行動が事実であれば問題ないです。

 

求職活動のふりで失業保険をもらう方法

失業保険 求職活動 ふり
【知恵袋回答者の見解】求職活動するふりをして失業保険を満額受け取れる方法はコレ「わけあってまだ就職したくないけど、失業手当はほしい…」 こんな思いの方はたくさんいます。(私もそうでした) 求職活動した“ふり“をして失業手当をもらえるケースと、不正受給になってしまうケースがありますので、注意点も含め、具体的なやり方をお伝えいたします。...

 

失業保険をもらうためのベストな求職活動実績の作り方

失業認定日までに求職活動実績は2回必要ですが、2社にネット応募すれば2回としてカウントされます。

しかし1回目は職業相談、2回目はネット応募がベストと考えています。

なぜならハローワークとコミュニケーションを取ることができる「職業相談」には大きな意味があるからです。

(1)ハローワークへの職業相談は失業認定日にやる

「職業相談」のタイミングは失業認定日です。以下流れのイメージです。日付は仮日程です。

求職活動実績の作り方
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
2回目の実績づくりはネット応募ではなく、転職エージェントのオンラインセミナー参加でもいいです

 

【職業相談するメリット】

・ハローワーク側から有益な情報がもらえることがある

・ハローワークに就業の意思表示(アピール)になる

・就業の意思表示をすることで罪悪感がなくなる

 

ちぴーさん
ちぴーさん
職業相談はハローワークに行くのがめんどくさいです
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
職業相談だけのためにハローワークに行かなくても、失業認定日に済ませてしまえば効率的です

 

(2)「ネット応募」は次回失業認定日までに

【ネット応募のメリット】

① 時間かからない(家から出なくていい)

② 認定日の前日でも対応できる

③ 本格的に就職活動はじめる時に楽になる

① 時間かからない(家から出なくていい)

何より時間がかからないのが楽です。しかも家でスマホさえあれば7分程度でできます。

職業相談やハローワーク開催のセミナーに参加するとなると、ハローワークに行くまでの時間もかかりますし、人と関わるわずらわしさもあります。

 

② 認定日の前日でも対応できる

応募した会社の選考で落選しても、辞退しても実績にはなりますので、認定日の前日でも実績を作ることが可能です。

 

③ 本格的に就職活動はじめる時に楽になる

転職エージェント及び転職サイトへの登録、職務経歴書や履歴書作成などをしておけば「求職活動実績」のための応募、ではなく本気で就職を考えた時に準備が整っているのでスムーズに就職活動できます。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
ハローワークとコミュニケーション取りながら、ネット応募で効率的な「求職活動実績」がつくれるよ

 

登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

求職活動実績作りも大事ですが、これから再就職するにあたって、転職活動もしっかりやっていきたいところです。

自分で転職サイトを調べて、企業に応募して…あれ?面接対策もしなきゃ、職務経歴書も書かなきゃ…実は転職活動を独りでやるのは結構大変です。

転職のプロである転職エージェント(無料)にも協力してもらいましょう。

(1)リクナビNEXT▶転職者の8割が登録

『リクナビNEXT』は転職サイトです。

『リクナビNEXT』は転職者の8割が登録していると言われる転職サイトです。

バリエーション豊富な求人が揃っているので自分に合った職場を見つけやすく、納得いく転職ができる可能性が高いです。

転職初心者がまず登録しておくべき転職サイトですね。

 

登録⇒応募で即、求職活動実績に

『リクナビネクスト』公式HP

\登録は5分で完了/

 

 

ちぴーさん
ちぴーさん
登録は超カンタンでした

 

 

(2)doda▶面接対策に定評あり

『doda』は転職サイトも転職エージェントもいずれもあります。

『doda』は中小・ベンチャー企業の求人取り扱い多く、あなたの探している求人が見つかりやすいです。

また『doda』は面接対策にも定評があり、面接を通過しやすくなり、内定がもらえる確率が上がります。

 

/面接が苦手なあなたは\

『doda』公式HP

 

↓↓dodaのオンラインセミナーを聞くだけで求職活動実績に↓↓

doda オンラインセミナー 聞くだけ
【聞くだけでOK】dodaのオンラインセミナーに参加して求職活動実績にする方法☑dodaのオンラインセミナーを聞くだけで求職活動実績にしたい ☑dodaのオンラインセミナーの参加証明書のもらい方が知りたい ☑dodaのオンラインセミナーがどんな内容なのか知りたい...

 

↓↓↓『doda』の評判は?↓↓↓

doda 転職エージェント 使えない
【ひどい?】転職エージェントdodaは使えない?利用経験者が評判を徹底レビュー☑どの転職エージェントにするか比較検討中 ☑dodaが良さそうだけど、悪い評判もあって迷っている ☑そもそも転職エージェントってどうなの?と思っている...

 

(3)リクルートエージェント▶業界求人数ナンバー1

『リクルートエージェント』は転職エージェントです。

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
私自身、リクルートエージェントにお世話になり、年収200万円アップの転職に成功しました!

 

『リクルートエージェント』は公開求人は365,610件、非公開求人は268,817件(2023年3月30日時点)と業界でも圧倒的な求人数ですので、転職の選択肢が広がります。

非公開求人というのは、転職サイトでは一般公開されていない求人なので、登録しないと出会えない求人です。

また『リクルートエージェント』は有料級(無料だけど有料でもいいぐらいって意味です)の転職セミナーがあり、職務経歴書の書き方など転職の後押しをしてくれます。

 

↓↓↓迷ったらココ↓↓↓

『リクルートエージェント』公式HP

\私の年収を200万円上げてくれた/

 

↓↓リクルートエージェントのオンラインセミナーで求職活動実績に↓↓

リクルートエージェント オンラインセミナー 求職活動実績
【体験談】リクルートエージェントのオンラインセミナーをハロワの求職活動実績にする方法結論として、参加証明書がなくても98%は求職活動実績になります。 その98%の根拠や、残り2%の対策についても確認しておきましょう。私も『リクルートエージェント』のオンラインセミナーに参加して3回分の求職活動実績をGETしました♪...

 

↓↓『リクルートエージェント』の評判は?↓↓

リクルートエージェント ひどい
【体験談】リクルートエージェントはひどい?利用経験者が実際どうなのかを検証☑どの転職エージェントにするか比較検討中 ☑リクルートエージェントが有名だけど、ひどい評判もあって迷っている ☑そもそも転職エージェントってどうやって選ぶの?を知りたい...

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職サイト登録もいいんですが、転職エージェントも頼った方が転職活動が楽になり、納得いく転職がしやすいです

 

もう少し転職エージェントを検討したい

転職エージェント 掛け持ち
【5社比較】転職エージェント掛け持ち複数登録のメリット・デメリット☑転職エージェントに登録したいがどこが良いかわからない ☑転職エージェントを掛け持ちしてもいいのか不安 ☑転職エージェントを掛け持ちする注意点を知りたい...

 

「求職活動実績」をきっかけに転職活動へ

確実に求職活動実績をつけて、失業手当をもらいましょう。

目先のお金は大事ですからね。

 

一方で、いつかは転職するため、本格的に転職活動を開始せねばなりません。

私自身の4回の転職経験から転職活動は転職エージェントを活用した方が内定率は上がります。

「転職エージェントは面談とかあって面倒くさい」という方はまずは転職サイト登録からはじめましょう。

 

登録⇒応募で即、求職活動実績に

『リクナビネクスト』公式HP

\登録は5分で完了/

 

 

chat face=”chipi-san.png” name=”ちぴーさん” align=”left” border=”blue” bg=”none”]転職サイトに登録しておけば本格的な就活もスムーズですね![/chat]

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
失業手当をしっかりもらって、あせらず就職活動しましょう

 

・まずは転職サイトに登録する

・ネット応募で求職活動実績が作れる

ネット応募して、辞退しても求職活動実績になる

・求職活動実績はいくつかの注意点がある

・1回目は職業相談、2回目はネット応募がベスト

 

退職後 やること
【無職】退職後やること!手続きミスると150万円損するかもしれない☑退職したけどお金が心配…失業期間中のお金の流れを知りたい ☑退職して、これから無職。さて何をしようか…と思っている ☑これから退職予定だけど事前に手続き知っておきたい...

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

あわせて読みたい