本ページはプロモーションが含まれます

退職後

【体験談】マイナビのオンラインセミナー参加のみで求職活動実績になった

マイナビ  オンラインセミナー 求職活動

☑転職セミナーは求職活動実績になるのか知りたい

☑マイナビの転職セミナーがどんなものか知りたい

☑転職セミナー以外の求職活動が知りたい

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職セミナーって求職活動実績なるんですか??
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
基本的には転職セミナーは求職活動実績になります。ただし注意点もありますよ。

 

オンラインでもオフラインでも、基本的には転職セミナーに参加すれば求職活動実績になります。

ただし参加証明書が発行されない場合の対応や、ハローワークの対応は気を付けることがあります。

本記事では、①転職セミナー参加を求職活動実績にする方法、②マイナビ含め転職エージェントのセミナー内容、③転職セミナー参加以外の求職活動実績の作り方について説明いたします。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
120日間の失業手当受給経験がある私からお伝えしますね

 

↓オンラインセミナーで3回の求職活動実績GET↓

失業認定 求職活動実績

 

↓はじめての転職は『マイナビエージェント』

『マイナビエージェント』公式HP

\20~30代前半の転職にやさしい/

※マイナビのプロモーションを含みます。

 

・オンライン転職セミナーは必ず求職活動実績になるとは限らない(対応策はある)

・マイナビの転職セミナーは20~30代向け

・転職セミナー受講はオフラインよりオンラインの方がメリットは多い

・時間がない時はネット応募⇒辞退でも求職活動実績になる

 

オンライン転職セミナーは求職活動実績になる

ハローワークや職業紹介事業(転職サイト・エージェント)による転職セミナー参加は、多くのハローワークで求職活動実績になります。

“多くの”としているのは、ハローワークは地域差があり、ルールが少しちがうからです。

(1)オンラインセミナーを求職活動実績にする方法(申告書の書き方含む)

求職活動実績づくりの具体的な手順は以下の4ステップです。

①転職エージェント・サイトに登録

②転職オンラインセミナーに申し込み

③失業認定申告書に記入

④失業認定日にハローワークに行く

 

ちぴーさん
ちぴーさん
たったの4ステップで求職活動実績がつくれるですか~

 

①転職エージェントに登録

転職エージェント(たとえば『マイナビエージェント』)に登録します。(登録は5~10分程度)

なおマイナビ転職も含め、大手の転職エージェントは登録利用いずれも無料です。

 

ハローワークによりますが、転職エージェントではなく転職サイトが開催するオンラインセミナーは求職活動実績にならないことがあります。

なぜなら転職サイトは転職エージェントとちがって、“雇用を斡旋する事業所”ではないからです。

 

一方、多くの転職エージェントは“雇用を斡旋する事業所”ですので、職業紹介事業者として「認められている民間事業者」なので確実です。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
念のため、転職サイトの『マイナビ転職』と同じ会社が運営している転職エージェントである『マイナビエージェント』に登録しておきましょう

 

↓↓参加証明書なしのオンラインセミナーでも求職活動実績に↓↓

オンライン セミナー 参加証明書なし
【求職活動実績になった】オンラインセミナーは参加証明書がなくても98%は大丈夫な理由参加証明書の有無にかかわらず、98%は求職活動実績になります。 なぜならハローワークの上位機関である厚生労働省が「証明は不要」と公式発表しているからです。 また本記事では、残りの2%(実績にならない可能性)の対策についてもご説明いたします。...

 

②転職オンラインセミナーに申し込み

転職エージェント・サイトへの登録が完了したら、あなた自身に合ったセミナーを選択し、申し込みましょう。

 

「面接が苦手だから面接対策セミナーかな」

「自己分析って意味がわかんないから受講しておこう」

「転職活動初めてなんで、転職初心者向けのにしよ」

せっかくならあなたの課題に合ったセミナーを受講しましょう。

 

引用:『マイナビエージェント』

 

③失業認定申告書に記入

失業認定申告書 オンラインセミナー

失業認定申告書の真ん中あたりの「期間中に求職活動をした」に丸をし、以下の項目を記入しましょう。

☑求職活動の方法:オンラインセミナーは「職業紹介事業者による職業相談、職業紹介等」に該当

☑活動日:応募した日付(失業認定日より前でないと認定もらえない)

☑利用した機関の名称:転職エージェント・サイトの運営会社名

☑求職活動の内容:セミナー名を記載

 

④失業認定日にハローワークに行く

以下の3点を準備して、失業認定日にハローワークに行きましょう。

☑記入した失業認定申告書

☑セミナー参加証明書(無い場合は次のパートで対応策を紹介します)

☑どんなセミナーだったかを頭に入れておく

 

ちぴーさん
ちぴーさん
セミナーの内容まで聞かれるんですか!?
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
職員さんによっては聞いてくることがありますので、ある程度は準備(そんなに詳細に応える必要はないですが)はしておきましょう

 

↓↓転職セミナー参加のみで求職活動実績に↓↓

求職活動実績 オンライン セミナー
【体験談】オンラインセミナー参加ばかりでも求職活動実績になる!申告書の書き方もご紹介オンライン転職セミナーであれば、無理に企業に応募しなくても、自宅で、1時間程度受講するだけで求職活動実績になります。他にも求職活動実績を作る方法はありますが、オンライン転職セミナーが最も効率的で効果的です。せっかく時間を使うなら、転職活動が有利になる求職活動実績づくりをしましょう。...

 

(2)オンライン転職セミナーは参加証明書なしでも大丈夫

ハローワークの失業手当受給ルールは地域差があるのでなんとも言えません。

ただし対応策はあります。

①ハローワークに事前確認

失業認定日や電話で、ハローワークに「この転職セミナーに参加しますが、求職活動実績になりますか?」「参加証明書はありませんが、何か証明になるものはありますか?」と確認しましょう。

 

②転職エージェントなどとのやり取り(メールなど)を残す

いつ、どんな転職セミナーに参加したのかハローワーク職員さんにもわかるよう登録した時のメールを残しておくのも参加の証にはなります。

 

③セミナーを開催している転職エージェントなどに証明書を請求する

「失業保険の求職活動実績にしたいので、参加証明書(それに代わるものでも)をいただけないでしょうか」と相談してみましょう。

仮に断られてもそのやり取りのメールが参加の証となります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
求職活動実績にならずに失業手当もらえなかったらイヤだなぁ…
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
年々、受給条件は厳しくなっているので、ルールの事前確認や参加の証は残しておいた方が間違いないですね

 

マイナビのオンライン転職セミナーはどんなのがある?

マイナビは主に20~30代で、比較的若い年齢層の方向けの転職セミナーを開催しています。

若い方向けなので、転職初心者にもとても利用しやすい転職エージェントです。

なお、『マイナビエージェント』と『マイナビ転職』は同じ会社が運営しており、転職エージェント(キャリアアドバザーに相談できる)と転職サイト(自分で求人探し)のちがいがあります。

 

本記事ではマイナビ転職のセミナーをご紹介いたします。(マイナビエージェントに登録してもマイナビ転職と連携可)

一例をご紹介しますね。

いずれのセミナーも60分間程度で終わります。

(1)【マイナビ転職セミナー①】自己分析ワークショップ

転職活動は自己分析からスタートします。

「これまでの経験を活かせる仕事選びのコツは?」をテーマにワークショップ形式(一方通行じゃない)でのセミナーです。

参加者がチャットで質問を投げかけ、転職のプロフェッショナルが回答してくれますので、個別の悩みもその場で解決するかもしれません。

 

↓↓↓自分軸のつくり方5選↓↓↓

自分軸 作り方
【転職活動のヒント】自分軸のつくり方5選~答えは過去にしかない~☑転職したいけど、何がしたいのかわからない ☑転職エージェントからの「今後どうしたいですか?」に答えられない ☑キャリア形成したいけど、何をすればいいか正直わからない...

 

(2)【マイナビ転職セミナー②】退職理由の考え方

転職先の面接でほぼ間違いなく面接官に「退職理由は何ですか?」と聞かれます。

特に勤続年数が1~3年間ぐらいの短期離職の場合は退職理由に困ります。

そんな悩みの解消するヒントがもらえるセミナーです。

採用担当者(面接官含む)の目線も教えてくれるので有料級の内容と言えます。

 

(3)【マイナビ転職セミナー③】ベンチャー転職

他の転職サイト・エージェントではあまり取り扱わないテーマです。

ベンチャー転職の情報は少ないので貴重な内容になっています。

ベンチャー転職の実態を、日頃ベンチャー志望の求職者と接する人事・キャリアアドバイザーをゲストに迎え、トークセッション形式でのセミナーです。

ベンチャー転職の向き不向き、ベンチャーならではの選考方法など踏み込んだ内容が聞けます。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
はじめての転職のボクにもやさしい内容ばかりです~
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
特に自己分析は転職活動の肝ですから、かならず参加しておきたいところです

 

↓はじめての転職は『マイナビエージェント』

『マイナビエージェント』公式HP

\20~30代前半の転職にやさしい/

※マイナビのプロモーションを含みます。

 

マイナビ以外のオンライン転職セミナーはある?

マイナビ以外でも大手の転職サイト・エージェントを中心に転職セミナーを開催しています。

本記事では業界でも1、2を争う『リクルートエージェント』と『doda』のオンラインセミナーを紹介します。

(1)【求職活動実績】リクルートエージェントのオンラインセミナー|迷ったらここ

①初めての転職セミナー

以下の3点がわかりますのでセミナータイトル通り、転職初心者の方は受講をオススメします。

☑「転職しようかな」と思ったら、まずやるべきことがわかる

☑転職活動の全体像が理解できる

☑具体的なアクションプラン

本当に今、転職すべきなのか?考えるキッカケになります。

 

②自己分析セミナー

自分の強みややりたいことがわからない方は必見です。

☑なぜ自己分析が必要なのか?

☑自己分析の4つのステップ

☑自己分析をどう活かすのか?

 

自己分析は転職活動で最初に行うべき最重要取り組みです。

自己分析をすることではじめて、転職軸(自分のやりたいことや優先順位)が明確になります。

転職軸がはっきりすれば、納得のいく転職(年収やスキルアップなど)ができる可能性が高いです。

 

③職務経歴書セミナー

内定率を上げたい、書類選考通過率を上げたい方は参加するといいです。

☑職務経歴書の役割は何か

☑職務経歴書の構成、業種別のひな形

☑企業が求めているスキルは何で、どう見せるべきか

 

内定を勝ち取るためには、職務経歴書作成スキルは必須です。

職務経歴書で書類選考通過しなければ面接にもたどり着けません。

実は書類選考後も職務経歴書は「あなたはどんな人なのか」を見るために使われ、面接時や入社後も見られる超重要書類です。

 

迷ったらここ!業界最大級の求人数

『リクルートエージェント』公式HP

\私の年収を200万円上げてくれた/

 

リクルートエージェントの転職セミナー

リクルートエージェント オンラインセミナー 求職活動実績
【体験談】リクルートエージェントのオンラインセミナーをハロワの求職活動実績にする方法結論として、参加証明書がなくても98%は求職活動実績になります。 その98%の根拠や、残り2%の対策についても確認しておきましょう。私も『リクルートエージェント』のオンラインセミナーに参加して3回分の求職活動実績をGETしました♪...

 

(2)【求職活動実績】dodaのオンライン転職セミナー|面接対策

『doda』は面接対策に定評があります。

①dodaオンライン転職教室

転職の全体像を教えてくれます。

自己分析~職務経歴書作成~面接対策といった大筋を理解することができます。

 

②履歴書の書き方セミナー

久々の履歴書作成は戸惑う人が多いと思います。

「どうやって記入するのが正解なのか」わからなくなるものです。

悩んでいる時間がもったいないので、セミナーに参加してしまいましょう。

 

③キャリアアドバイザーが教える面接力アップセミナー

『doda』の一番の強みがこの面接対策です。

自己分析・転職動機・WEB面接編の3本立てで用意してくれています。

採用担当者目線の対策をしてくれるので安心できます。

 

↓↓↓面接力UPなら『doda』↓↓↓

『doda』公式HP

\経歴にあまり自信がない方もOK/

 

↓↓dodaのセミナーを聞くだけで求職活動実績にするやり方↓↓

doda オンラインセミナー 聞くだけ
【聞くだけでOK】dodaのオンラインセミナーに参加して求職活動実績にする方法☑dodaのオンラインセミナーを聞くだけで求職活動実績にしたい ☑dodaのオンラインセミナーの参加証明書のもらい方が知りたい ☑dodaのオンラインセミナーがどんな内容なのか知りたい...

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
『doda』は参加証明書を発行してくれるセミナーが多いみたいですね

 

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職セミナーをオンラインで受講するメリットについてもお伝えします

 

(3)転職セミナーはオンラインがいい?オフラインがいい?

数多くの転職セミナーがありますが、オンラインで受講することをオススメします。

オフライン(現地参加)、オンライン両者のメリットを確認しておきましょう。

【オフラインのメリット】

☑現地の熱を感じられる

☑直接コミュニケーションが取れる

【オンラインのメリット】

☑交通費がかからない

☑移動時間がかからない

☑私服参加しても問題ない

☑複数デバイス(スマホ、PCなど)で対応可

☑チャット形式で質問しやすい

 

★お急ぎの方★求職活動は転職セミナーばかりでいいのか?他の求職活動実績づくりも紹介

失業認定日前日でも間に合う求職活動実績づくりとして、企業へインターネット応募をする方法があります。

「実は明日が失業認定日なんです…」という転職セミナーでは間に合わない方は試してみてください。

(1)企業へインターネット応募だけでも求職活動実績になる

転職サイト(『リクナビNEXT』など)に登録し、インターネット応募だけでも求職活動実績になります。

これなら応募した時点で求職活動実績になるので、失業認定日前日でも問題ありません。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
え…まだ再就職したくないですよ…
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
安心してください。書類選考通過しても、辞退すれば問題ありませんから。

 

(2)企業へインターネット応募し、辞退しても大丈夫なのか?

辞退しても問題ないです。

応募した時点で実績になり、その後の対応は問われません。

失業認定申告書に記入する時は「書類選考通過」「選考待ち」「辞退」になりますが、いずれの状態であっても求職活動実績になっているので安心してください。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
ただしハローワークの失業認定日とかに「辞退前提で応募したんですけど…」はNGですからね!

 

求職活動実績になるネット応募⇒辞退の方法

求職活動実績 ネット応募 辞退
【ハロワで聞いた】求職活動実績はインターネットWeb応募だけ⇒自ら辞退は確認される?ネット応募しておけば「結果待ち」でも「不採用」でも「辞退」でも…問題なく、求職活動実績になります。 つまりインターネットWeb応募をした時点で求職活動実績になるのです。...

 

(3)企業に書類ではなく、インターネットで応募する理由

インターネットであればタイムリーかつ効率的(無駄が少ない)だからです。

インターネットで応募したタイミングで求職活動実績になります。

また転職サイト・エージェントを通して作成した履歴書や職務経歴書はデータとして残るため、他の企業にも使いまわしができます。

一方、紙ベースの書類であれば使い回せないだけでなく、書き損じたらイチからやり直しをすることになります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
何ごともオンラインの方が楽チンですね~
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
時間は有効に使いたいものです

 

転職情報を入手しつつ、求職活動実績づくりもする

オンライン転職セミナーに参加することで転職情報も手に入りますし、求職活動実績にもなります。

失業期間中はお金が必要です。

着実に求職活動実績をつくって失業手当をもらい、効率的に転職活動を進めていきましょう。

 

↓はじめての転職は『マイナビエージェント』

『マイナビエージェント』公式HP

\20~30代前半の転職にやさしい/

※マイナビのプロモーションを含みます。

 

・オンライン転職セミナーは必ず求職活動実績になるとは限らない(対応策はある)

・マイナビの転職セミナーは20~30代向け

・転職セミナー受講はオフラインよりオンラインの方がメリットは多い

・時間がない時はネット応募⇒辞退でも求職活動実績になる

 

退職後 やること
【無職】退職後やること!手続きミスると150万円損するかもしれない退職後の手続きは、ハローワークでの失業手当以外にも多くの手続きが発生します。「そんなの知らなかった」で損することが山ほどあります。本記事を読んでもらえれば損失回避できます!もし「無職かぁ…不安だなぁ」と思っているあなた。安心してください。程度の差はあれ、離職者の74%が“無職“を経験しています。...

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
転職・キャリアランキング
転職・キャリアランキング

あわせて読みたい