本ページはプロモーションが含まれます

稼ぐ力

【そうだ転職しよう】初心者が参加すべきリクルートエージェントのオンラインセミナーは?

リクルート エージェント オンライン セミナー

☑転職しようと思ったけど、何からはじめていいかわからない

☑転職初心者が参加すべきオンライン転職セミナーが何か知りたい

☑リクルートエージェント以外のオンライン転職セミナーが知りたい

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職しようと思うんですが、何からはじめたらいいかわかりません…(悩)
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
オンライン転職セミナーに参加すれば全体像がわかりますよ
ちぴーさん
ちぴーさん
えー、でも転職セミナーって登録とかあってめんどうくさそうだなぁ
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職活動は独りで自己完結しようとする方がめんどうなことになりますよ

 

転職はまだまだ日本ではネガティブに捉えられ、周囲の人に相談しづらいですし、ブラックボックスな部分が多いです。

家族や友人にも詳しい人は少なく、ましてや社内では相談できません。

頼れるのは転職エージェントぐらいです。

 

とはいえ、いきなり転職エージェントに登録して、面談して、職務経歴書作成して…に抵抗がある方はオンライン転職セミナー参加から転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

本記事を読んでいただければ、「そうだ、転職しよう」「転職してみたいなぁ」という方は転職活動でまず何をすべきかがわかります。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
私は10を超える転職セミナーに参加してきましたが、『リクルートエージェント』の「初めての転職 転職活動キックオフ」セミナーが転職初心者には向いていると確信しましたのでご紹介しますね

 

転職初心者向けのセミナーに参加してみる

『リクルートエージェント』公式HP

\私の年収を200万円上げてくれた/

 

・転職活動はよくわからなくて当然

・転職活動で最初にやるべきことは、全体像の理解

・「そうだ、転職しよう」と思ったら、オンライン転職セミナーに参加してみる

・転職初心者であれば、『リクルートエージェント』の「転職活動キックオフ」セミナーがおすすめ

・オンライン転職セミナーは、転職活動の課題に合わせて参加する

 

Contents
  1. 転職活動は自己完結が難しい3つの理由
  2. 【体験談】リクルートエージェントのオンラインセミナー「初めての転職 転職活動キックオフ」に参加した
  3. 「そうだ、転職しよう」と思ったら参加しておきたいオンラインセミナー5選
  4. 【失業手当受給者必見】オンラインセミナー参加で求職活動実績になる
  5. 転職活動の課題に合わせてオンラインセミナーを選ぶ

転職活動は自己完結が難しい3つの理由

転職活動は自己完結がとても難しい3つの理由は①周囲に相談しづらい、②情報がブラックボックス、③転職情報過多です。

(1)周囲の人に相談しづらいため

転職の話は周囲の人には非常に相談しづらいです。

周囲の人とは、家族・社外の友人・社内の同僚や上司が思い当たると思います。

 

『リクルートエージェント』のデータによると、転職活動についての相談先は、友人・知人が29.9%で一番多く、次いで家族が28.1%、転職エージェントは24.0%とのことです。

引用:リクルートエージェント「転職の悩みは、誰に相談すれば良い?」

①家族

基本的に家族には相談した方が良いです。

しかし家族は「転職しても良いか?」といった内容ならともかく、転職ノウハウは持ち合わせていません。

転職活動の進め方は多くの方はわからないと思います。

 

②社外の友人

転職活動に詳しい友人がいれば良いですが、そんなに多くないと思われます。

もし転職経験豊富な友人がいれば、きっと参考にはなります。

 

しかし転職市場は生き物です。

1年もすれば転職市場は変わりますし、業種・職種が異なれば取り組む内容はちがってきますので、偏った情報収集をしてしまう可能性があります。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職活動を体系的に理解して人はボクの周りにはいませんね…

 

③社内の同僚・上司

最も危うい相談相手です。

どれだけ仲の良い同僚であっても、あなたが転職を考えているウワサはすぐに広まるかもしれません。

またどれだけ信頼している上司であっても、人事評価に影響すると考えてください。

「彼は・彼女は転職を考えている」といった情報が人事や経営層に伝われると高い確率で冷遇(出世できない)されます。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
会社からしたら辞めようと思っている人を出世させないですね…

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
転職するかどうかは家族に、転職活動のノウハウは転職エージェントに相談が望ましいです

 

(2)情報がブラックボックスなため

「転職活動って何するの?」と聞かれて即答できる方は少ないです。

特に転職初心者の方は新卒(22歳あたり)の頃の就職活動をイメージされるかもしれません。

しかし新卒入社と中途入社の転職活動は大きく異なります。

 

新卒と中途の最大のちがいは、中途入社は求人企業でやってもらいたい仕事すでに決まっていることです。

つまり新卒のように求人企業で育てていってもらう、ではなく中途は即戦力として使えるかどうか問われます。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
たしかに転職活動って何からすればいいかわからないです。転職ノウハウ本読もうかな…
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
書籍もいいですが、情報が多すぎるのも危ういですよ

 

(3)転職情報がちまたにあふれているから

令和のご時世、情報を集めようと思えばいくらでも集められます。

書籍やブログだけでなく、各SNSでも情報があふれていますが、基礎知識がない状態で何が正しいか判断するのはきわめて困難です。

たとえば転職サイトや転職エージェントも山ほどありますが、結局はどこに登録、相談すればいいのか判断が難しいです。

 

また転職エージェントをはじめとする職業紹介事業者数は右肩上がりで、29,489件(2022年11月時点)にも膨れ上がっています。

29,489件から取捨選択するのは至難の業です、、。

引用:circus AGENT「人材紹介の市場規模は?派遣との比較、コロナ後の動向、最新トレンドを紹介」

 

ちぴーさん
ちぴーさん
だったらどうしたらいいですか!?(怒)
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
迷ったら大手の転職エージェントにすると良いです

 

特に転職初心者の方で、どこに登録したらよいか迷っている方は、大手の転職エージェントの中でも『リクルートエージェント』がオススメです。

なぜならリクルートエージェントは、約75万件の業界最多クラスの求人数を取り扱っており、総合型の転職エージェントであるため業種・職種・地域ともに限定していないので選択肢の幅広いからです。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
でもキャリアアドバイザーさんと面談とかはちょっと気がひけます…
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
では登録だけしてオンラインセミナーに参加してみてください。つい先日、私が参加してきましたので体験談をお伝えします。

 

【体験談】リクルートエージェントのオンラインセミナー「初めての転職 転職活動キックオフ」に参加した

「そうだ、転職しよう」と思ったら最初に参加すべきは、『リクルートエージェント』の「初めての転職 転職活動キックオフ」セミナーです。

なぜならまず転職の全体像を理解する必要があるからです。

全体像がわからないと何から手をつければいいかわかりませんからね。

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
ネタバレにならない程度に、実際にセミナーに参加した私の見解も交えて解説しますね

(1)セミナー講師

男性1名、女性1名の合計2名が講師をされていました。

お一人は元リクルート社の方で、現在は自分で会社を作って転職・採用支援の事業をされている方でした。

もう一人は、フリーランスで人事採用の仕事をされている女性でした。

 

ちぴーさん
ちぴーさん
お二人とも現場の経験があるし、男女のどちらの視点もあるってことですね!

 

(2)セミナー概要

以下の3本立てでした。

☑転職が頭をよぎったら、まず考える事とは

☑転職活動の全体像

☑転職活動に向けた具体的アクション(自己分析・企業研究)

 

(3)セミナー内容

①転職が頭をよぎったら、まず考える事とは

多くの転職初心者の方が、まず「求人探し!」と考えるそうです。

しかし転職活動に深く入っていく前に考えるべきは「そもそも転職すべきか?」ということです。

主に以下の3つのケースが考えられます。

☑今すぐ転職すべき

⇒明確に何がしたいかわかっているなど

☑転職したいが、今じゃない

⇒希望の業種・職種や求人企業に転職するスキル不足など

☑転職しない

⇒転職市場で他の会社も見て、改めて自社の良さがわかったなど

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
いずれも転職活動をしてみてやっとわかることです

 

セミナーの中では「現職でもできることはないか?」など言語化するワーク時間を取ってくれます。

つまり「そもそも本当に転職する必要はありますか?」と問いかけをしてくれています。

また一方的に問いかけるだけでなく、「私の転職動機は…」など講師の方々も自分たちの意見も話してくれるのでとても参考になりました。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
大事なことは「転職は手段であり、目的ではない」ということですね

 

②転職活動の全体像

転職活動の全体像を理解することで、優先順位を含め、やるべきことがわかります。

また仕事もプライベートもある多忙なビジネスパーソンにとって、スケジュール感はとても重要です。

転職活動全体像

※〇〇分は取り組みかかる時間の目安です。

 

転職活動期間は一般的に、3~6ヶ月程度かかります。

☑準備期間:2週間

⇒情報収集、書類作成(自己分析、企業研究)

☑活動期間:1~2ヶ月

⇒応募~面接

☑内定後:1~3ヶ月

⇒退職報告、内定~入社

 

セミナーでは転職活動の進め方のスタイルについても言及されていました。

3人に2人程度は働きながら転職活動しているようです。

引用:リクナビネクスト「転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール」

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
よほどの理由がない限り、働きながら転職活動をした方がいいです。退職してからでは、収入がなくなりますし、空白期間ができたりとデメリットが多いです。

 

③転職活動に向けた具体的アクション(自己分析・企業研究)

原則、自己分析⇒企業研究の順番で取り組みます。

転職活動とは、自分(自己分析)と求人企業(企業研究)の接点を見つける作業です。

☑自己分析:転職軸、強み、成功・失敗体験など

☑企業研究:ビジョン、業務内容、社風など

 

ちぴーさん
ちぴーさん
自己分析と企業研究をすることで接点が見えてくるんですね!
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
求人企業の目指すべき方向に、あなたの経験や強みで貢献できることを伝えるわけです

 

☑自己分析

自分のやりたいこと、できることを求人企業に伝えられるように言語化する必要があります。

基本的には以下のように自己分析を進めていきます。

・過去~現在を時系列に整理する(棚卸)

・過去を徹底的に掘り下げる

・優先順位をつける

 

ちぴーさん
ちぴーさん
強みなんか聞かれてもわかんないです…(迷)
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
30分であなたの強みを診断してくれるツールもありますよ

 

↓↓無料の『リクナビネクスト』のグッドポイント診断を見てみる↓↓

リクナビネクスト グッドポイント診断
【活かし方】リクナビネクストのグッドポイント診断で内定率アップにつながる3つの理由☑内定がほしい ☑自分の強みがわからない ☑リクナビネクストのグッドポイント診断を上手く活用したい...

 

☑企業研究

求人企業を研究し、自分が転職すべき企業か?転職できる企業か?を見極めます。

企業研究をおそろかにすると、納得のいく転職ができず、短期離職を繰り返すことになります。

 

企業研究で確認すべきは主に以下の3点です。

・求人票の仕事欄:求める人材、業務内容

・ホームページ:企業理念、会社概要、歴史/沿革、社員の活動事例

・面接の場:社内の雰囲気、採用担当・役員の態度

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
実は面接も企業研究の一環です。求人企業があなたを選ぶように、あなたも同じように求人企業を選ぶ立場ですよ。

 

【面接は仮説検証の場です】

求人企業のホームページなどで情報収集して仮説を立てます。

たとえば「社員教育に力を入れているはず」といった仮説を立てて、それを面接の質問時間などで検証します。

 

重要なのは仮説が合っていた、まちがっていたというのことは問題ではありません。

仮説を投げかけることで、求人企業からすれば「そこまで考えてるんだな」と熱意が伝わりますし、着眼点などによっては仮説立案力がある、と評価が高まる可能性があります。

 

↓↓逆質問で面接が有利になる↓↓

転職 面接 逆質問
【具体例】転職で内定率を上げるなら面接での逆質問が必要な3つの理由☑転職活動中だが面接で苦労している ☑面接で逆質問したいけど何言っていいかわからない ☑転職活動は久々なので面接の感覚を取り戻したい...

 

↓↓いい質問で面接が有利になる↓↓

いい質問ですね
【いい質問ですね】ビジネスに役立つセンスある質問力が高くなる3ステップ☑会議の場で「質問ありますか?」の時間が苦痛でしかない ☑面接の場で「質問ありますか?」と聞かれてもありきたりなことしか質問できない ☑「いい質問」がしてみたい...

 

転職初心者向けのセミナーに参加してみる

『リクルートエージェント』公式HP

\私の年収を200万円上げてくれた/

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職活動の全体像が見えてきた気がします!でも自己分析とかもうちょっと知りたいです
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
では課題別のオンラインセミナーも見てみましょうか

 

「そうだ、転職しよう」と思ったら参加しておきたいオンラインセミナー5選

転職の全体像を理解したら、次は①自己分析、②職務経歴書の書き方、③面接力向上、④企業種類別、⑤個別課題別の5つを順番に、もしくは必要なセミナーに参加してみましょう。

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
基本的には5つの番号順にセミナー参加されることをオススメします

(1)【リクルートエージェント】自己分析セミナー▶自分の強みや転職軸がよくわからない方

自己分析は転職活動の最初に取り組むべき内容です。

自己分析セミナーは、自分の強みや転職軸がイマイチよくわからない方向けです。

転職軸とは「自分は転職で何が実現したいか」を明確にすることで、転職活動において最も重要な考え方と言えます。

 

↓↓【体験談】『リクルートエージェント』の自己分析セミナー↓↓

リクルートエージェント 自己分析 セミナー
【転職成功確率UP】リクルートエージェントの自己分析セミナーの体験談(ツールも紹介)☑リクルートエージェントの自己分析セミナーの内容が知りたい ☑自己分析のやり方がわからない ☑転職オンラインセミナーを求職活動実績にしたい...

 

(2)【リクルートエージェント】職務経歴書の書き方のセミナー▶書類作成力に自信がない方

職務経歴書は転職活動の成否を左右します。

なぜなら内定をもらうための書類選考・面接通過のために必要なのはもちろんこと、実は入社後にもキャリアプランなどで使われる超重要書類だからです。

魅力的な職務経歴書が作成できれば、転職活動の8割は完了しています。

 

【体験談】『リクルートエージェント』の職務経歴書の書き方セミナー

リクルートエージェント 職務経歴書の書き方
【体験談】リクルートエージェントの「職務経歴書の書き方セミナー」に参加しました☑リクルートエージェントの「職務経歴書の書き方セミナー」の内容が知りたい ☑セミナーの効果を最大化させたい ☑職務経歴書を楽に作りたい...

 

(3)【リクルートエージェント】面接力向上セミナー▶面接が不安な方

書類作成がしっかりできていても、面接で落とされてしまうもったいない方がいます。

「あれ?書類で良いこと書いているけど、なんかちょっとちがう…」と不採用にされてしまいます。

 

本来は職務経歴書がしっかり書けているのに面接が上手くいかないとしたら、原因の多くは“緊張”と“質問力不足”の2つです。

求人企業の人事担当者も“緊張”していますので気にせずに。

“質問力不足”はシミュレーションを繰り返しましょう。

 

↓↓【体験談】『リクルートエージェント』の面接力向上セミナー↓↓

リクルートエージェント 面接力向上セミナー
【やってみた】リクルートエージェントの面接力向上セミナーで面接対策できた☑面接に自信が持てない ☑リクルートエージェントの面接力向上セミナーの内容が知りたい ☑面接と職務経歴書のつながりを知りたい...

 

(4)【doda】「受かるコツが分かる!」セミナー▶中小・ベンチャーもある

正式名称は「受かるコツが分かる!書類選考・面接突破のポイント解説セミナー~採用のプロが語る~」セミナーです。

参加した転職セミナーの中でも、集中して聴き入ってしまう、5本の指に入るセミナーでした。

書店やAmazonで販売されている書籍ではなかなか知り得ない、人事採用担当者の裏側の話が聴けました。

 

また『doda』は『リクルートエージェント』とならぶ大手の転職エージェントですが、中小・ベンチャー企業の取り扱いも多く、大手以外を考えている方にとっては選択肢のひとつとなりそうです。

 

↓↓↓【体験談】『doda』のオンラインセミナー↓↓↓

doda オンラインセミナー 聞くだけ
【聞くだけでOK】dodaのオンラインセミナーに参加して求職活動実績にする方法☑dodaのオンラインセミナーを聞くだけで求職活動実績にしたい ☑dodaのオンラインセミナーの参加証明書のもらい方が知りたい ☑dodaのオンラインセミナーがどんな内容なのか知りたい...

 

(5)【マイナビ転職】退職理由セミナー▶20代~30代前半の方

転職サイト「マイナビ転職」と同じ運営会社がやっている『マイナビエージェント』がオンライン転職セミナーを開催しています。

『マイナビエージェント』は20代~30代前半の利用者が多く、特に転職初心者にやさしい転職エージェントです。

 

「退職理由」という個別の課題についての興味深いセミナーがあるのが特長的です。

退職理由で困っている方は非常に多いですからね。

転職先で何を言えばいいのか…心証が悪くならないか…悩みますよね。

 

↓↓↓【体験談】『マイナビ』のオンラインセミナー↓↓↓

マイナビ  オンラインセミナー 求職活動
【体験談】マイナビのオンラインセミナー参加のみで求職活動実績になった☑転職セミナーは求職活動実績になるのか知りたい ☑マイナビの転職セミナーがどんなものか知りたい ☑転職セミナー以外の求職活動が知りたい...

 

ちぴーさん
ちぴーさん
ボクはまず自己分析セミナーに参加してみます♪
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
課題がよくわからないという方は①自己分析から③面接力向上の3つのセミナーに参加されると良いです。この3つは転職活動には必須ですから。

 

【失業手当受給者必見】オンラインセミナー参加で求職活動実績になる

オンライン転職セミナーに参加することで、基本的には求職活動実績になります。

参加証明書の発行有無など、失業手当を受給されている方は必見の求職活動実績に関する内容をまとめました。

(1)リクルートエージェントのオンラインセミナーは参加証明書が出るか?

『リクルートエージェント』はオンラインセミナーでは参加証明書を発行していません。

それでも求職活動実績にはなります。

なぜなら『リクルートエージェント』は国に職業紹介事業者として認められているからです。

 

リクルートエージェント以外の大手の転職エージェントであれば、まちがいなく(少なくとも本記事で紹介している転職エージェントは)国に職業紹介事業者として認められているため、求職活動実績になります。

 

P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
実際に私はリクルートエージェントのオンラインセミナーで求職活動実績になりましたよ

 

↓↓↓失業認定申告書です↓↓↓

失業認定申告書 オンラインセミナー

 

『リクルートエージェント』のオンラインセミナーで参加証明書は?

リクルートエージェント オンラインセミナー 参加証明書
【求職活動実績作れた!】リクルートエージェントのオンラインセミナーで参加証明書は?☑リクルートエージェントのセミナーで参加証明書がもらえるのか知りたい ☑参加証明書がなかったら求職活動実績にならないのか知りたい ☑リクルートエージェントのオンラインセミナーの内容が知りたい...

 

(2)リクルートエージェントのオンラインセミナーで求職活動実績になるのか?

前述の通り、求職活動実績になります。

『リクルートエージェント』のように、国に職業紹介事業者として認定されている転職エージェントやハローワークが開催する転職セミナーは求職活動実績として認められます。

なおハローワークのオフライン(リアルな現地)がほとんどで、オンラインセミナーはとても少ないです。

 

『リクルートエージェント』のオンラインセミナーで求職活動実績に

リクルートエージェント オンラインセミナー 求職活動実績
【体験談】リクルートエージェントのオンラインセミナーは求職活動実績になった☑リクルートエージェントのオンラインセミナーで求職活動実績をつくりたい ☑その他セミナーでの求職活動実績の作り方が知りたい ☑セミナー以外ですぐに求職活動実績が作れる方法を知りたい...

 

(3)リクナビネクストのオンラインセミナーはあるのか?

『リクルートエージェント』を運営しているリクルート社の転職サイトである『リクナビネクスト』が主催のオンラインセミナーは現時点(2023年10月12日)では開催していません。

転職セミナーは転職エージェントである『リクルートエージェント』に集約したのかもしれません。

 

↓↓↓『リクナビネクスト』のセミナーはないけど…↓↓↓

リクナビネクスト オンラインセミナー 転職
【満足】リクナビネクストのオンライン転職セミナーはないけど…リクルートのに参加した☑リクナビネクストの転職セミナーを探している ☑有料級の転職セミナーを探している ☑リクナビネクストの転職支援コンテンツ機能が知りたい...

 

ちぴーさん
ちぴーさん
転職活動のプラスになって、求職活動実績にもなるならありがたいですね~♪
P(ぴー)さん
P(ぴー)さん
確実に求職活動実績にするために、関連記事もよく読んでおいてくださいね

 

転職活動の課題に合わせてオンラインセミナーを選ぶ

はじめての転職では、何から手をつけていいのかわかりません。

周囲にも相談できないし、情報がブラックボックスな転職活動ですから、わからないのが当たり前です。

 

しかし独りで悩んでいてもストレスがたまるだけですから、人を頼りましょう。

家族と話し合うのも大事ですが、転職活動ノウハウは転職エージェントに相談した方が良いです。

 

いきなりキャリアアドバイザーに相談して、面談やら、転職先を勧められるのがイヤだったら、まずはオンライン転職セミナー参加からはじめましょう。

 

転職初心者向けのセミナーに参加してみる

『リクルートエージェント』公式HP

\私の年収を200万円上げてくれた/

 

・転職活動はよくわからなくて当然

・転職活動で最初にやるべきことは、全体像の理解

・「そうだ、転職しよう」と思ったら、オンライン転職セミナーに参加してみる

・転職初心者であれば、『リクルートエージェント』の「転職活動キックオフ」セミナーがおすすめ

・オンライン転職セミナーは、転職活動の課題に合わせて参加する

 

会社に依存しない力
【40代】会社に依存しない力(転職、副業、独立)を手に入れる6つの方法 ☑一生、今の会社で働き続けると考えるとイヤになってきた ☑会社に頼らず、稼ぐ力を身につけたい ☑今のところ転職予定は...

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
転職・キャリアランキング
転職・キャリアランキング

あわせて読みたい